腰の痛み

病院

腰の痛みに悩まされている人は多いのですが、腰痛を改善するためにカルシウムなどの必要な栄養成分をしっかりと摂取することが大切です。腰痛を改善するために把握すべきことを学びましょう。

探すときのコツ

病院

都筑区で内科クリニックを探して受診するときには、アクセスや専門分野で選んだり、症状を詳しく説明する心構えも重要です。また医療モール内のクリニックであれば、他の診療科への紹介もスムーズです。

中高年におこる膝の痛み

医者

中高年で慢性的な膝の痛みをおこす最も多い病気は、変形性膝関節症です。この病気では膝の痛みの他に腫れやこわばりがでます。治療には理学療法、鎮痛抗炎症剤の服用・塗布・関節内注射や関節鏡を用いる小手術・骨切り術や関節形成術などの手術があります。

睡眠不足を解消

手術で治療可能な無呼吸症候群は自分では分かりにくい病気です。病院で定期的に検診を受け快適な生活を送りましょう。

いびきがひどい人がなりやすい睡眠時無呼吸症候群は放っておくと危ないですよ。こちらの専門のクリニックで受診することをオススメします。

医者と看護師

無呼吸症候群は深い睡眠時に呼吸が止まってしまう症状です。深い睡眠に無呼吸になってしまっているため、自覚がなく検査や治療を受けていない患者が多くいると言われています。呼吸が止まっているため窒息死するのではないかと思われる方も居ますが、苦しくて目覚めることが多いため、酸欠で死亡することはありません。しかし、無呼吸を繰り返すことによって低酸素状態が起こり心臓に負荷をかけることになります。そのため、心筋梗塞や脳卒中などの突然死に繋がりやすくなる恐ろしい病気です。無呼吸症候群にならないためにもパートナーや家族に寝てる間の自分の様子を確認してもらいましょう。1人暮らしなどで頼める人がいない方はビデオを設置するなどして、確かめてみましょう。

無呼吸症候群はタバコやお酒が好きな方がなりやすい病気です。また、肥満の男性の方がかかりやすい病気ではありますが、痩せている女性の方でもかかる病気です。下顎が小さく小顔など顔や首まわりの形態的特徴でも無呼吸症候群にかかりやすくなります。寝ている間にいびきをかいていたり、何度も目が覚める方は無呼吸症候群の可能性があります。また、起きた時にも口が乾いていたり頭痛がしたり疲労感を感じる方も無呼吸症候群が発症する可能性があります。痩せているからと安心はせずに無呼吸症候群になっていないか疑ってみましょう。現在では無呼吸症候群にならないための予防グッズも数多くあります。呼吸の起動を広げることができるマウスピースやネックピローなどがあります。また100円ショップではいびき対策に使用されている鼻クリップなども販売しているため、無呼吸症候群を改善することができます。予防グッズを購入して睡眠をより良いものにしましょう。

こちらの医院ではさまざまな施術が取り扱いされており、サイバーナイフセンター独自の特殊な治療法なども受ける事が可能です。