腰の痛み

腰痛改善のための日常生活の指導が行われています

病院

腰痛は人間が背負った宿命とも言われていまして、誰もが生涯に一度は経験しますし、複数回患うことも珍しくはないために、これに対する意識を高めて改善することは、国民の健康に寄与する大きなポイントになります。 では、どういった腰痛に改善のための取り組みが行われているかというと、高齢化社会というものを踏まえて考えると、圧迫骨折の予防になります。 圧迫骨折はその発症様式が複雑で、軽微な外力で起こしていることもあるために、治療を行うことも大切ですが、いかに予防するかが大切になります。 とくにこの腰痛は、高齢者に好発する骨粗鬆症が基盤となっているために、適度な屋外での運動とカルシウムなどの栄養摂取といった日常生活の指導がよく行われています。

医療と保健の両輪を利用することが予防につながります

では、そうした腰痛を改善する骨粗鬆症を予防するための指導は、どこで受けることが出来るかというと、腰の痛みを治療してくれる医療機関と、保健指導を行ってくれる保健所の2つが代表的な場所になります。 医療機関では、自分の腰の痛みの原因が何であるのかを検査をして診断してくれますし、それに合わせた物理療法や薬物療法などの治療を行ってくれますが、自宅で行うことのできる運動療法や食事療法の指導も行ってくれます。 また、保健所では医療機関のような診断や治療は行いませんが、保健婦や医師や栄養士などによって、より多くの国民に対して必要となる日常生活での指導を行ってくれます。 この医療と保健の両輪を利用することが、腰痛の改善となる骨粗鬆症の予防につながるのです。